OSS まとめてみました!

個人的に面白いと思ったオープンソースソフトウェア(OSS)をまとめてみました!

MENU

Go 言語で Web サイトを素早く作成したいなら!「Bud」

概要

Go 言語で Web サイトを作成したいと考えたことはないでしょうか。

今回は、Go 言語で Web サイトを素早く作成することができる、フルスタック Web フレームワークBud」をご紹介します。

Bud」は Go 言語版の Ruby on Rails と考えることができるものと公式ページで言われていますので、とても期待できそうですね。

それでは早速詳細について見ていきましょう!

利用手順

※ 注意:「Bud」は本記事の執筆時点では Linux および Mac のみで動作することができるバイナリとしてリリースされており、Windows 版ではサポートされていないないようです。

要件

Bud」を利用するには以下のソフトウェアのインストールが必要です。

  • Node.js v14 以上
  • Go v1.17 以上

インストール方法

Bud」を利用する方法として、以下のコマンドを実行する方法があります。

$ curl -sf https://raw.githubusercontent.com/livebud/bud/main/install.sh | sh

上記スクリプトは、OS に適したバイナリをダウンロードし、そのバイナリを $PATH の適切な場所に移動するそうです。

上記のコマンド実行後、「Bud」がインストールされているかを以下のコマンドで確認します。

$ bud -h

正常にインストールされていれば以下のように表示されるはずです。

Usage:
    bud [flags] [command]

Flags:
  -C, --chdir  Change the working directory

Commands:
  build    build the production server
  create   create a new project
  run      run the development server
  tool     extra tools
  version  Show package versions

使用方法

今回は私自身の利用端末が Windows しかないということもあり、README の内容をまとめさせていただきます。

Bud」をインストールすると、以下のように新規プロジェクトを作成することができます。

$ bud create hello
$ cd hello

Bud」で作成されたプロジェクト内のファイルを見てみるとわずかしかありません!

$ ls
go.mod  node_modules/  package-lock.json  package.json

他のほとんどのフルスタック フレームワークとは異なり、「Bud」は非常に最小限のものから始められるようです。

実際に「Bud」で作成したプロジェクトを動作させるには、以下のコマンドを利用します。

$ bud run
Listening on http://127.0.0.1:3000

以下のようなウェルカムページが表示されれば無事にサーバーが動いています!

今回は簡単なサーバーの起動方法までを記載しましたが、本当の Web サーバー開発はこれからなので、より詳細な開発方法などについて知りたい場合は、以下の公式ドキュメントを参照してみてください。

denim-cub-301.notion.site

まとめ

今回は Go 言語で Web サイトを素早く作成することができる、フルスタック Web フレームワークBud」をご紹介しました。

フルスタック Web フレームワークとありましたが、「Bud」を新規作成した段階ではわずかのファイルしかないので、プロジェクトの開始時はとてもシンプルに始められそうです。

Go 言語で Web サイトを簡単に素早く作成したいと考えている開発者の方は、こちらのフルスタック Web フレームワークBud」を一度検討されてみてはいかがでしょうか。

ライセンス

https://github.com/livebud/bud/blob/main/License.md

リンク

github.com

denim-cub-301.notion.site