OSS まとめてみました!

個人的に面白いと思ったオープンソースソフトウェア(OSS)をまとめてみました!

MENU

USB フォーマッターを行えるソフトウェアを探しているのなら!「Rufus」

概要

パソコンを利用する際に USB フラッシュドライブや USB メモリを利用される方は多いと思いますが、すでに利用されている USB を利用する際は初期化などする必要がある場合もあります。

そんな時、Windows のパソコンを利用できれば良いですが、Linux 端末しかない場合などは USB メモリなどのフォーマットをすることが大変な時もあるかと思います。

そのような時に利用できる USB メモリなどのフォーマッタソフトウェアを GitHub 上から発見しましたので、今回はそちらをご紹介いたします。

本日ご紹介する OSS は、起動可能な USB フラッシュドライブ・USB メモリを作成したり、フォーマットをするためのソフトウェア「Rufus」です。

Rufus」はフォーマット作業を行う以外にも以下の作業を行う際に便利とあります。

  • 起動可能な ISO ファイル(WindowsLinuxUEFI など)から USB インストールメディアを作成するとき
  • OS がインストールされていなシステムを利用するとき
  • BIOS や他の DOS ファームウェアを更新するとき
  • ローレベルなユーティリティを使用するとき

また、特筆すべき点としては動作速度にあり、インストールドライブを従来のソフトウェアの 約 2 倍近くの速度で Windows インストールドライブを作成することもできるそうです。

それでは、「Rufus」の使い方などについてみていきましょう。

利用手順

Rufus」をダウンロードするには、公式サイトの「ダウンロード」からインストールすることができます。

お使いの端末に合ったファイルをダウンロードしてご利用ください。

なお、「Rufus」は端末にインストールすることは必要なく、ダウンロードしたファイルを起動することで利用可能になります。

rufus.ie

使用感

早速私もインストールして起動してみました。

Rufus」ではインストールドライブを作成するための画面とフォーマットするための画面が表示されており、「ブートの種類」でどちらを使用するか選択します。

今回は USB のフォーマットを試してみようと思いますので、「ブートの種類」は「非ブート用」を選択します。

上記の画面で「スタート」を選択するとフォーマットが始まり、見事 USB メモリはフォーマットされます。

今回はフォーマットについて取り上げましたが、インストールドライブを作成する場合は、公式サイトを参照しながら進めていただければと思います。

まとめ

今回は、起動可能な USB フラッシュドライブ・USB メモリを作成したり、フォーマットをするためのソフトウェア「Rufus」という OSS をご紹介しました。

Rufus」は端末にソフトウェアをインストールすることなくすぐに利用することができるので、とても簡単に利用することができました。

また、インストールドライブを作成する際も、USB フォーマットをする際も同じ画面内で同じように操作でき、かつ選択項目も少ないので操作性もよさそうですね。

USB フラッシュドライブ・メモリについて、インストールドライブ作成やフォーマット処理を行いたいと考えている方は、ぜひ一度こちらの「Rufus」をご検討されてみてはいかがでしょうか。

ライセンス

GNU General Public License v3.0

リンク

rufus.ie

github.com