OSS まとめてみました!

個人的に面白いと思ったオープンソースソフトウェア(OSS)をまとめてみました!

MENU

コーディングを通してソフトウェアエンジニアとしてさらに成長するために!「Coding Interview University」

概要

ソフトウェアエンジニアとしてさらに成長していくためには、その時代に応じたコーディングスキルやプログラミング言語の理解が必要になってきます。

また、さらなるスキルアップを目指して転職を目指す方も多いかと思います。

今回はさらなるスキルアップを目指すソフトウェアエンジニアや、ソフトウェアエンジニアから別種別のソフトウェアエンジニア(例えば、Web系からネイティブ系など)に職を変えたい方にとってとても参考になる OSS 記事「Coding Interview University」を紹介します。

OSS では、記事の筆者が実際にこの記事を参考にしたことで Amazon のソフトウェアエンジニアとして雇われた という事実もあるようで、さらなるスキルアップを目指す方にとってはとても参考になる記事ではないかなと思います。

利用手順

以下の GitHub ページへアクセスし、「Translations:」という折り畳みページがあるのでそちらを選択すると、日本語翻訳ページへのリンクがあるので、そちらを選択すると日本語に翻訳された記事を閲覧することができます!

※ 記事自体は日本語で読めますが、参考となるリンク記事などは英語ですので、別途詳細を学びたいのであれば、日本語でリンクの内容を調べる必要もありそうです。

github.com

使用感

こちらの記事ではそもそもプログラマーとして必要最低限の話から、実際にソフトウェアエンジニアとして大手会社に就職する際の面接で聞かれるであろう事柄について、詳しく説明がされています。

また、ソフトウェアとして知っておくべき知識だけでなく、実際に転職などの面接時に準備しておく事柄についてもまとめられています。

そのため、ソフトウェアエンジニアとして転職する際の最終確認としてこちらを参考にしてみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

今回はさらなるスキルアップを目指すソフトウェアエンジニアや、ソフトウェアエンジニアから別種別のソフトウェアエンジニア(例えば、Web系からネイティブ系など)に職を変えたい方にとってとても参考になる OSS 記事「Coding Interview University」を紹介しました。

こちらの OSS では実際にこの記事を参考にして Amazon へ就職したという筆者の熱い思いが記述されていますので、さらなる成長をしたいと考えているソフトウェアエンジニアの方にとってはとても刺激を受ける記事ではないでしょうか?

また、本記事ではソフトウェアエンジニアとしてスキルアップを果たし、念願の大手会社に就職したとしても学びはまだまだ終わらないと続けられています。

記事後半にはまだまだソフトウェアエンジニアとして必要な基礎知識・応用知識などについての説明があります。

自分も一ソフトウェアエンジニアとしてこちらの OSS を参考に知識をアップデートしていこうと思いますし、皆様もぜひ一読することをお勧めしたいと思います。

ライセンス

Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International Public License

リンク

github.com